Category Archives: ぷちダーツレッスン

集中力を上げる方法

集中してるフィル・テイラー
むっちゃ集中してる・・・



Aフラになれるかどうかは、いかに集中できるかどうかにかかってる

と、前回の記事「ブルに入る時と入らないときの違い」で仮説を立てました


つまり、いつでも集中してダーツを投げることが出来たら、
これはもう、すこぶるAフライトに近くなってるということ(だと思う)




では、どうやって集中力を高めればいいんだろう?

って、思った時に、僕は以前購入して、一時期は面白がってやってたけど、
最近は、しばらくほったらかしにしていた、あるものを思い出しました



それは、脳の回転を上げることで、
時間あたりの脳の処理速度を上げることが目的のトレーニング


脳の回転が上がると、同じものを考えるときにも、脳にかかる負担が少なくなるので、
今までなら1時間で集中が途切れていたところが、2時間、3時間と集中力が持続するようになるというもの




実際にやってたときは、結構、集中できてたと思う

気がついたら、すげー仕事が進んでたなんてことが、何度かあったから
(もしかしたら、プラシーボ効果かもしれないけど(笑))




僕は、仕事の集中力を上げようと思って、取り組み始めたものだけど、
元々は受験、特に資格試験などに活用する人が多かったようです

最近では、スポーツの分野にも取り入れられているそうです
集中力も上がるし、脳の処理能力が上がるので


例えば野球なら、今まで打てなかった球が打てるようになる
サッカーなら、敵と味方のいる場所が、俯瞰で見えたりするらしい(これはやってないので分からない)
ゴルフなら、今までより芝目がよく見えるようになるらしい(これもやってないから分からない)





さて、その取り組んだものって、いったい何でしょう?


それは・・・ これです




こんなもので、集中力が上がるのか?って思うかもしれないけど、
実際に速読と集中力を関連付けて述べてる専門家は、
この人以外にもたくさんおられるので、たぶん合ってると思う




トレーニングは、会員専用のwebサイト上で行います

一回あたり、だいたい30分ぐらい
毎日やるのが理想だけど、週に2回程度でも効果があるようです



できればダーツをやる直前にやったほうがいいと思う
それが一番、即効性があって効果的だと思います




実は購入した当初、効果を試したくって、
一番効果が分かりやすいと言われている、バッティングで実験したことがあります


バッティングセンターで実験したときは、バッターボックスに入る直前に、このトレーニングをやった
結果はジニアス速読術でバッティングセンターの打率1割から9割に!?を参考にして欲しいんですが、
概して、なかなかいい結果だったと思います

また後日、ダーツでも同じように実験してみる予定



というわけで、速読にご興味のある方は、以下のリンク先を参考に

バッティングセンターでの実験の様子はこちら
ジニアス速読術でバッティングセンターの打率1割から9割に!?

僕が取り組んだ速読術はこちら
集中力アップでブル率もアップ↑ ジニアス速読術



 

3ヶ月でBフライトになりました

 




サイトタイトル変えました



昨年までは

「週一ダーツで2012年以内にAフライト目指します」

でしたが、

「週一ダーツで3ヶ月でBフライトになりました」

に変えました




2013年からはどうすんの?

2012年8月からの4ヶ月、ダーツに燃えました

暇があれば素振りをし、
出かけるときは近くのダーツバー情報を検索し、
ヤマト運輸からやってくる荷物の半分ほどがダーツグッズでした



それでBフライトになりました

目標のAフライトには到達しませんでしたが、
まあこれはこれで悪くない結果だなと


元々、ダーツを始めたばかりの人、
ダーツをやったことのない人たちのために始めたこのブログです

なので、この経験をシェアしつつ、お役に立てるようにしていきます


そう言えば、最近忘れつつあるコレを販売するという目的

そもそもコレが無ければ、ダーツも始めて無かったわけだし、
ご本人にもお会いして、いろいろ教えてもらってるわけだから、
その御恩にも答えるべく、しっかり販売協力していきたいと思います


ブログ中の諸所の設定などは、後々変更していきます


クリケットの攻め方のセオリー? その2



以前は、クリケットの攻め方のセオリーで書いたように、
点数が超えてから、クローズしていっていた

つまり、1点でも超えてたら、クローズしてた
(ただし、同じラウンドでは、同じ所を狙ってた)


最近は相手の嫌がりそうなことをやってます


ちょっと柔軟に考えるようになって来ました


例えばこんな状況で自分(A)の番

Bが19をクローズしようとして、2マークで終わってしまったとしましょう

今までの僕は、自分が1マークしてる18をオープンしにいくか、
相手がこれからオープンするであろう、17をオープンしに行ってた



でも最近の俺様は、加点するのだ!!!

と、まあそんなに偉そうにいうほどのものでも無いのだが・・・


相手がクローズしようとして失敗したということは、
その失敗に乗じて、そこを攻めると、相手は嫌がると思う

僕なら嫌だ


通信対戦とかで、自分と同等か、上手い人に勝つには、
精神的に揺さぶらなくてはならないと思ってます

実際に、スタッツで負けても、勝負で勝つことが、結構あります


というわけですわ
相手の嫌がることをしよう!

性格悪い?


スタッツを上げるにはこれ



クリケットの攻め方のセオリー



最近はようやくまともになってきたけど・・・

始めた頃は、ムーニーズのみんなは、クリケットの攻め方が無茶苦茶だった


例えばこんなとき


この状況でBさんは、20のクローズを狙ってた

いや、それじゃいつまでたっても勝てないよ・・・



基本的に、点数が超えてから、クローズしていくのがセオリー

ってのを、何度か言ったんだけど、
浸透するまでかなり時間がかかったなー

思えば、僕と親子丼で、試合に出た時ぐらいから、
なんとなくちゃんと浸透していったような気がする



そう考えると、試合を見るのって、すごく大事なことなんですね~

そういえば、こんなのが最近出た


クリケットの攻め方セオリー その2

星野光正プロがやり始めにお手本にしたのは


今や日本では知る者がいないほど、人気実力ともにトップレベルの星野光正プロですが、
やっぱりやり始めたころは誰かの真似をしたらしい

ダーツのテクニックが書かれたGood darts にて、
以前、星野プロがこんなことを言っていた

最初のころ誰の真似をした?っていう質問に
「○○さんかなぁ、オレ。 
 最初に見たDVDで、パッと見て、一番柔らかいなぁと思った」



奇しくも僕も、その○○さんのDVDを最初に見ました

「楽に投げなさい」
と言ってくれるのが、とても印象的で、
この人の真似をしたら、上手くなれるかな?なんて思ってた

○○さんのDVDを見た

そして、星野さんは○○さんも認めるほどの実力を身につけれられました
そして、僕はいつになったら星野さんみたいになれるのかなぁ・・・


テイクバック、長く引くと飛ぶ?短く引くと飛ぶ?


テイクバックって、引いたほうが飛ぶと思ってた・・・


僕は、例えばブルを狙ってると、ずれるのはたいてい下の方にズレる 
飛びが悪いから、テイクバックをいっぱい取るようにしていました

テイクバックを長くすると、ダーツが遠くに飛ぶと思ってた・・・



でも、最近仕入れた情報によると、実は逆らしい

テイクバックを長くする → 勢いが弱い
テイクバックを短くする → 勢いが強い


つまりテイクバックをほとんどしないと、ピュンってダーツが飛ぶらしい
そんなバカな!って思って、実際にやってみると・・・


マジだった!

テイクバックを短くしたほうが、ダーツが勢い良く飛んだ!
しかもブルに入る確率が上がったような気がする・・・

 
これは驚きの大発見!

そしてここにも大発見が・・・
 



ブルに入る確率を上げる方法 その2




ブルが実際より少し大きいとイメージする

ゴルフで、映像処理して実際より大きく見えるカップと、普通のカップ
どちらがパットが入りやすいか実験したらしい

実際のカップの大きさは変わらない

すると、実際より大きく見えるカップでパットした人の方が、
10%以上もカップインする確率が上がったらしい


これはダーツでも同じことじゃないのかな~
実際にやってみると、なんとなくそんなかんじもしないでもない(苦笑)

イメージ力が足りないか・・・
機会があったら、ちゃんと実験してみたいよね

さらにまじめにブルに入れたいなら・・・



ブルに入る確率を上げる方法 その1


 
 
念じる!

想いはきっと、通じるはず・・・


まじめにブルに入れたいなら・・・

試合の時は新しいティップを

 
試合の時は新しいティップを付ける
これには大きく分けて2つの意味がある

1つ目
試合中にティップが折れると、交換の際にスロープレイになる

2つ目
折れ曲がりやすいティップを使うと、刺さった時に、
下に垂れ下がって次のダーツが刺さりにくくなる


特に2つ目は自分のスコアに関わってくることだし、
試合途中にティップの交換をするのも、リズムを崩しかねないので、
試合の前にはティップは新しいものにするようにしましょう

あと、試合前に交換すると、なんとなく気分がいいですもんね
これから試合だぞ~みたいな感じで


あなたの代わりにDVDを4種類、試しに見てみました
星野光正プロに会って来ました!
セットアップの時、片目をつぶるか、つぶらないか
ダーツの練習法

ストレートバレルのメリット


 
ストレートバレルのメリットは?

初心者ダーツプレーヤーにとって、ちょっと憧れなのがストレートバレル
果たしてストレートバレルは、どんなところがいいのでしょうか?

ストレートバレルの特徴は、きちんと投げれれば正確に飛んでいくところ

重心がセンターで、フォームが固まってうまくコントロールができるようになれば、素直な飛び方をしてくれます。その反面、フォームが固定されていないなど毎回投げ方が変わるるなら、暴れてしまいコントロールしにくいでしょう。

どちらかと言えば中~上級者向けです
初心者によっては扱いにくいバレルとかもしれませんが、綺麗なフォームでダーツをコントロールできるようになれば、長く使える最高のバレルになるでしょう
ストレートバレルを探す


これも中~上級者向け
バレル購入ガイド
ダーツ練習法まとめ
みんなのダーツアンケート