Tag Archives: ハードダーツボード

ダーツの刺さり方とバレルの重さ

 
ダーツの刺さり方で、

ダーツの最適な重さが分かるらしい



自分の最適なダーツの重さって、よくわからない
そんなときに、簡単に知る方法があるので、ここで紹介します

※ ハードダーツボードが必要です


ダーツが真っ直ぐ刺さる場合


これがベストです
重さの面では、最適だそうです


ダーツが上から刺さる場合


これはダーツが軽い
対処法としては、シャフトを短くするか、フライトを小さくする
それでもダメなら、重いダーツに変える


ダーツが下から刺さる場合


これは、ダーツが重すぎる
対処法としては、シャフトを長くする、フライトを大きくする
それでもダメなら軽いダーツに変える



というわけで、ダーツの刺さり具合を測るためにも、
ハードダーツボードはあったほうがいいですね


ちゃんと刺さってない場合は、バレルを含めて、セッティングを見なおしてみる
まあ、シャフトとフライトを変えるのが、簡単でいいですけどね

シャフト、フライトはメール便で購入できます


ハードダーツボードの関連記事
ハードダーツ用ボードを買った
ハードダーツ用ボードの設置・取り付け方法
コンバージョンティップを買った
壁を穴から守れ!ダーツボードサラウンドを買ってみた

ハードダーツボードにソフトティップは意外と大丈夫



コンバージョンポイントは重いので、感覚が狂うとダメだと思い、
最近はソフトティップで、ハードボードに投げています

「ソフトティップでハードボードに投げると、すぐにボロボロになる」


なんて書かれてた記事があったので、最初はコンバージョンポイントを使ってたけど、
ボロボロになったら、また買えばいいや!ってことで、最近はソフトティップを使ってる


上達 > 7千円

という不等式が成り立つのだ



で、使ってみると・・・

意外と、ソフトティップでも、大丈夫そう

ブリッスルボードは、空気中の水分を吸って、穴が元通りになるらしいけど、
ソフトティップの穴も、ちゃんと元に戻してくれるみたい


もちろん、長年使うと、また変わってくるんだろうけど


というわけで、しばらくはソフトティップで投げます


軽いコンバージョンポイント
使ってもいいんだけどね~
ま、しばらくはいいかってことで



評判がいいハードダーツボード

下のダーツボードは、出来がいいらしく、たくさん投げてもボロボロになりにくいらしい
ある人の話によると「プーマは1年ぐらいもつけど、他社のは2週間でアウトになったのもある」とのこと

2週間って、いくらなんでも大げさじゃね?って思ったけど、力説してたので本当っぽい



プーマ社 THE CLASSIC



プーマ社 パトリオットバンディット


ハードダーツボードの関連記事
ハードダーツ用ボードを買った
ハードダーツ用ボードの設置・取り付け方法
コンバージョンティップを買った
壁を穴から守れ!ダーツボードサラウンドを買ってみた

家でソフトダーツは音がうるさいので対策を



ダーツ上達のためには、家でもしっかり練習したいところだけど、
ソフトダーツのボードでやると、意外とうるさい


バンッ!バンッ!バンッ!

特にボードを壁に直接かけてる場合は、
壁の裏側の部屋は、かなりの騒音になります

壁に釘を打ってるのと、あまり変わらない感じです




そこで・・・

対策 その1
ダーツボードスタンドを買う



直接、ダーツボードを壁に付けるわけじゃないので、
家中に音が響き渡ることは、まず無い

特に、隣の部屋に、直接響くということは避けられそうです



対策 その2
ハードダーツボードにする



ハードなら、壁に直付けでも、ほとんど音はしません
意外と、ソフトティップそのまま使っても、ヘタリは少ないみたい(というのを最近知った)

ハードボードにするのが一番簡単ですね~
まあ、考え方はそれぞれなんで、一応ご参考までにということで


参考記事
ハードダーツボードとソフトダーツボードの音の違い
壁を穴から守れ!ダーツボードサラウンドを買ってみた
ハードダーツ用ボードの設置・取り付け方法
ハードダーツ用ボード(ブリッスルボード)をソフトダーツの練習用に買った