ダーツのゲームのルール クリケット、ゼロワンゲームなど

IMG_2433

ダーツのゲームのルール

ダーツのゲームは何種類あるかご存知ですか?
実は把握されているものだけでも、数百種類はあると言われています

そんなの全部やってられませんけどね~~~

今回は、中でもメインとなるゲーム、
カウントアップ、ゼロワン、クリケットのルールを紹介します



カウントアップ

最も単純なゲームです
ダーツを始めたばかりの初心者や、中上級者のアップに、このゲームを使います


ゲームのやり方
1.まず順番を決める。
2.1人3投を1ラウンドとし、ダーツを投げる。3投の合計点数がそのラウンドの点数。
3.これを順番に8ラウンド行う。
4.点数が高かった人が勝ち。

ひとつのボードで、ルール上は何人でも楽しめますが、まあ4人までですよね
ダーツマシンの設定でも4人が最高

まあ少しダーツをかじったことのある人なら、
ゲーム性に欠けるので、イマイチ人気はない

実力を測るのに使われたりもしますよね



ゼロワン

基本的にはカウントアップと似ていますが、最初に持ち点を決め、その点数を減らしていくゲームです
持ち点は301点、501点、701点などの設定なので、ゼロワンゲームと呼ばれます

ゲームのやり方
1.ゲームは基本1対1で、マシンの場合は1~4人の設定あり。
2.先攻後攻を決め、3投1ラウンドでダーツを投げます。
3.持ち点を最初に0にした方が勝ちですが、終わり方にルールが・・・
4.最後は持ち点がちょうど0点になるように終わります。持ち点以上の点数を出すとBUST(バースト)で上がれません。
5.BUSTになったら、その前のラウンドからやり直しです。

※ ダブルアウトルールの場合は、最後ダブルリングで終わらなければやっぱりBUSTになります

ダーツ大会、特に公式競技では501で開催されます。
ハウストーナメントでは、701が多いかな?

クリケットと並んで、最も多くプレーされてるゲームです
01ゲームを最短で上達する方法



クリケット

クリケットについて詳しくはこちら
 

というわけで、ダーツのゲームのルールでした
いずれにせよ、狙ったところにいかに入れられるかがポイントですね~


 

>>このDVDを見てBフラになりました?

と言っても過言ではないかもしれない可能性も無きにしもあらずなDVDレビューです(笑)

 


ワンタンのDVDのレビュー

ポール・リムのDVDのレビュー

結局どれが良かったの?

 

 



コンテンツ一覧記事一覧

 

このブログは今何位? → にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
タイトル:週一ダーツで2012年内にAフライトを目指します(ちょっとエッチなフライトがイメージ画像です)