IMG_2433

ダーツのゲームのルール

ダーツのゲームは何種類あるかご存知ですか?
実は把握されているものだけでも、数百種類はあると言われています

そんなの全部やってられませんけどね~~~

今回は、中でもメインとなるゲーム、
カウントアップ、ゼロワン、クリケットのルールを紹介します

カウントアップ

最も単純なゲームです
ダーツを始めたばかりの初心者や、中上級者のアップに、このゲームを使います

ゲームのやり方
1.まず順番を決める。
2.1人3投を1ラウンドとし、ダーツを投げる。3投の合計点数がそのラウンドの点数。
3.これを順番に8ラウンド行う。
4.点数が高かった人が勝ち。

ひとつのボードで、ルール上は何人でも楽しめますが、まあ4人までですよね
ダーツマシンの設定でも4人が最高

まあ少しダーツをかじったことのある人なら、
ゲーム性に欠けるので、イマイチ人気はない

実力を測るのに使われたりもしますよね

ゼロワン

基本的にはカウントアップと似ていますが、最初に持ち点を決め、その点数を減らしていくゲームです
持ち点は301点、501点、701点などの設定なので、ゼロワンゲームと呼ばれます

ゲームのやり方
1.ゲームは基本1対1で、マシンの場合は1~4人の設定あり。
2.先攻後攻を決め、3投1ラウンドでダーツを投げます。
3.持ち点を最初に0にした方が勝ちですが、終わり方にルールが・・・
4.最後は持ち点がちょうど0点になるように終わります。持ち点以上の点数を出すとBUST(バースト)で上がれません。
5.BUSTになったら、その前のラウンドからやり直しです。

※ ダブルアウトルールの場合は、最後ダブルリングで終わらなければやっぱりBUSTになります

ダーツ大会、特に公式競技では501で開催されます。
ハウストーナメントでは、701が多いかな?

クリケットと並んで、最も多くプレーされてるゲームです
01ゲームを最短で上達する方法

クリケット

クリケットについて詳しくはこちら
 

というわけで、ダーツのゲームのルールでした
いずれにせよ、狙ったところにいかに入れられるかがポイントですね~

 

2大ダーツグッズ屋さん


ダーツハイブ


エスダーツ

 

ダーツ上達するなら・・・


ダーツの効率的な練習法なら「小熊式」

 

ダーツ関係無いけど・・・

ダーツバーに持っていったら盛り上がります。


ライトセーバースタイル(セイバートリオ)